2017年11月20日

ガミースマイルその14

●ガミースマイル
笑うと上顎前歯の歯茎が上唇から露出する状態。
上顎前突症に併発することが普通。


治療前
73+74.jpg
DSC_6879.jpg
19歳 女子学生
この方は、お口元が出ていることとオトガイがないこ
とを気にされています。笑ったときに上顎の歯ぐきが
とても目立ちますね。ガミースマイルといいます。 

お口元の写真
上下の唇がかなり出ています。そのため、下唇の下側
に横真一文字に暗く溝が見えてしまいます。オトガイ
唇溝といいます。できれば改善して差し上げたいとこ
ろです。上顎前歯の先端に上唇が引っかかるようにな
っているのでしょう。
お口を閉じてもらっていますが、前歯が少しのぞいて
います。きっと、力を入れないと閉じにくいはずです。
笑って頂きますと、歯ぐきが目立ちます。これもなん
とかしないといけませんねえ。
 当院では、ガミースマイルの改善には積極的に取り
組んでいます。


DSC_6889.jpg
DSC_6884.jpg
DSC_6891.jpg

お口の中の写真 
上下歯列ともに軽度の叢生(でこぼこのこと)があり
ます。この程度の叢生を改善するには抜歯は必要あり
ません。
 しかしながら、上顎前歯の傾斜はさほどの突出とま
では言えないものの前方位にあることは間違いありま
せん。しかも、上下の唇がかなり出ていました。上顎
前歯が下方に伸びて、上顎前歯の先端が下唇を押し出
しているためなのです。これにより、下顎前歯半分以
上が見えない状況です。これを過蓋咬合(かがいこう
ごう)といいます。程度は中程度から高難度になりま
す。

DSC_6895.jpg
DSC_8099.jpg
奥歯の上下のかみ合わせ関係を見ると、上顎の奥歯が
下顎の奥歯よりも少し(3-3.5mm)前にある関係です。
中程度の”U級大臼歯関係” と呼びます。

上顎前歯の前突は少ないですが前方で下方に位置して
いる難度の高い”上顎前突症”または”出っ歯”に分
類される不正咬合です。

診断 
前歯の過蓋咬合と叢生とガミースマイルを伴う上顎前突症
治療方針
上顎前歯の傾斜を正しくします。前歯は内側に傾斜
 させて後退させます。上顎前歯の根っこの位置も後退
 できれば、歯ぐきの位置もへっ込みます。 このため
 には空隙が必要です。上顎小臼歯を2本抜歯して空隙
 を作ります。

下顎前歯には叢生がありますが抜歯はしません。歯
 列を横方向に広げることで叢生を改善します。
上顎前歯を圧下(骨にめり込ませること)+後退さ
 せるのがこの治療の主な目的です。
 上顎前歯の圧下にもスペースが必要なのです。これ
 は一般に知られていることではないですがとても大
 事なことなのです。
 過蓋咬合とガミースマイルの改善に、上顎前歯を圧下
(骨にめり込ませる)します。(これはとても困難な治
療目標となります。2-13 の症例では下顎前歯が伸び上っ
ていましたが、この症例では上顎前歯が下に伸びていま
す。対応が変わります。)
 上顎前歯の圧下には矯正用アンカースクリュー(ミニ
スクリュー、TAD、矯正用インプラントのこと)の出現で
可能になりました。


DSC_0460.jpg
治療中1
上記の治療方針の3を進めています。
上顎前歯を圧下(骨にめり込ませる)しようとしています。


DSC_0696.jpg
治療中2
上顎前歯の圧下が進んでいます。
上顎前歯の先端の位置が上がって、下顎前歯が良く見え
るようになっています。この方法の特徴は上顎前歯が傾
斜して前に出てくることです。しかし、それは改善でき
ます。次のステージでは、上顎第一小臼歯を抜歯します。
その空隙を使って上顎前歯を後退させます。それによっ
て傾斜は簡単に改善できるのです。


治療後
81+82.jpg
DSC_2591.jpg
お口元の写真
上の唇の突出は大きくされました。オトガイの形も激
変です!ガミースマイルも大きく改善されtでしょう?!
抜歯と上顎前歯の圧下が成功した結果ですね。
すごく綺麗になられましたね。


DSC_6147.jpg
DSC_6143.jpg
DSC_6149.jpg
お口の中の写真
上下歯列とも治療はうまくできました。
前歯の咬み合わせは理想的に浅く改善されました。
上顎前歯の裏側に細い金属線が入っています。これは
リテーナーといって、歯を固定して動かないようにし
ておく装置です。裏側から接着剤でとめてあります。
下顎にも使います。写真を撮影する順番でたまたま
写っていないだけです。


DSC_6151.jpg
DSC_6152.jpg
上顎の奥歯と下顎の奥歯は理想咬合とは違いますが、
正常の咬合の一つです。一咬頭(小臼歯の一山分)上
顎が前にかみ込むように作り上げられています。
”Full ClassU級大臼歯関係” といいます。上顎前
突症の上顎だけの抜歯する治療では、目標とされる咬
合様式です。
奥歯を治せば、このように前歯は自然に正常になるのです。

評価
上顎前歯は、3〜4mmほど圧下できているはずです。
私の治療では、ガミースマイルの改善を目標とすると
きには3mmを一つの目標にしています。3mmとい
うのは患者様自身が改善を体感できる数字だからです。
可能であれば2-12のようにっと圧下できるケースもで
てきます。治療療期間が2年4か月とはやや長い目です。
しかし、上顎圧下という困難な治療にチャレンジした
内容としては余りある治療結果と考えます。実は、従
来型の治療では上顎前歯の圧下というのはほとんどで
きない内容で、今回の治療結果は夢のような目標でした。

ところが、矯正用アンカースクリュー(ミニスクリュ
ー、TAD、矯正用インプラントのこと)の出現が矯正の
治療内容を一変させました。夢が夢でなく、実現でき
る治療目標にできるようになりました! あなたも当
院までお越しください!素晴らしい横顔の変化が得ら
れた良質な治療です。どなたもこうなれる可能性があ
ります。
あきらめないでお越しください!



posted by doc at 13:58| 治療例(ガミースマイル)

2017年11月19日

上顎前突症 その10

●上顎前突は上顎の骨や上の前歯が出ている状態

治療前
323-37sa.jpg
323-32a.jpg
25歳 社会人女性 上の前歯と上くちびるが前に
出ていることを気にされています。上顎歯列はV字型。
歯列はきれいにならんでいます。歯列中央に隙間があ
ります。上顎2本目(側切歯)が退化傾向で、歯が細
長くなっています。前歯はかなり前突しています。前
歯の上下の関係、つまりかみ合わせが深すぎます。
”過蓋咬合”(かがいこうごう)と呼びます。

323-34a.jpg
323-0a.jpg
上顎前歯の前突を改善するために、第一小臼歯を抜歯
する矯正をします。過蓋咬合を改善するために、上顎
前歯と下顎前歯を圧下(骨にめり込ます)する矯正を
行います(これは難しいです)。下顎の前歯は軽度の
叢生(でこぼこ)ですが抜歯しません。下を抜歯する
とをすると、さらに過蓋咬合を増悪化させ矯正治療を
失敗します。最後に上顎側切歯(前から2本目)の幅
を治療中に虫歯治療用の素材をもちいて歯の形を大き
くします。(無料)
--------------------------------------------------------------------------------
治療後
DSC_6233a.jpg
DSC_6228a.jpg
上歯列はU字型の理想な形態にかわりました。前歯の
過蓋咬合も改善されました。とても浅いかみ合わせで
す。 オーバートリートメントしています。上顎のみ
抜歯をする治療では、上下の歯の数が合わなくなりま
す。しかし、心配はいりません。 上下は緊密に咬合
させることができます。この状態をFull ClassUとよ
んでいます。この場合は上顎の親知らずを咬合に組み
入れることができます。通常、第三大臼歯(親知らず)
は抜歯することが多いですが、今回は使用しました。
装置を伸ばして咬合に組み込んでいます。丁寧で良い
治療と思います。(治療期間が少しは延びても、提案
はいつも行うようにしています。)

DSC_6230a.jpg
DSC_6234ba.jpg
上顎前歯の傾斜は改善されました。歯の根元の骨の形
も同時に変わっていますね。歯根の移動と同時に骨の
形も変形させることができます。これを利用して審美
的な改善を行うことができます。上顎の前歯の角度が
大きく改善されて前突が解消されました。奥歯の上下
関係も良好になりました。下顎の奥歯を前に移動させ
ることが効果的に行われたからです。奥歯の上下のか
み合わせは、1対2歯の理想的状態です。これもオー
ソドックスな治療の成功例です。当院ではこのような
治療を行っています。

--------------------------------------------------------------------------------
治療前後の口元の変化
face.jpg
元々上の唇が少し出ていていましたが、上唇がへこん
だと同時にオトガイが前に出てきました。 白人のお
口元のようです。オトガイの緊張がとれて本来の形に
なりました。この形がこの方の個性なのでしょう。ま
た、上下の唇のバランスも良くなりました。

上顎前突症 その7

●上顎前突症は上顎の骨や上の前歯が出ている状態

治療前
112-21s.jpg
17歳女性、上の前歯の”出っ歯”を治したいとい
うご希望です。上顎前歯の前突はかなり難度は高い
です。奥歯の咬み合せも上顎が前にでている咬合で、
下顎の臼歯を前に移動させます。下顎の緑線を前に
移動させて、上顎の青線と一致させます。
112-24s.jpg
上の前歯の前突のために歯列はV型です。改善のた
め上顎第一小臼歯の抜歯が必要です。下顎第二第二
小臼歯の抜歯も必要です。下顎臼歯を前に移動させ
る必要(上記)があるからです。

--------------------------------------------------------------------------------

治療後
223-3s.jpg
上顎の前歯の角度が大きく改善されて前突が解消され
ました。奥歯の上下関係も良好になりました。下顎の
奥歯を前に移動させることが効果的に行われたからで
す。奥歯の上下のかみ合わせは、1対2歯の理想的状
態です。
223-6s.jpg
歯列はU字型の理想的になっています。これもオーソ
ドックスな治療の成功例です。当院ではこのような治
療を行っています。
--------------------------------------------------------------------------------
治療前後の口元の変化
face.jpg
上唇部分が後退しました、上唇の赤唇部分が薄くなっ
たように見えます。
歯の移動が大きかったわりに、お口元の後退が少ない
ようにみえます。もう少しお口元の変化が大きくでる
ことも多いです。
せっかくの矯正歯科治療なのですから、歯列だけでな
くお口元もこれくらいは美しくなっていただきたいで
すね。