2017年11月30日

叢生・でこぼこ症例 その4

16歳 高校生男性 
患者さんとお母上様のご希望は”歯の凸凹を治したい”ということです。 

治療前
f-pre-1.jpgf-pre-2.jpgf-pre-3.jpg
お口元の写真
下の唇がやや出ているかな、という感じを受けます。 横顔と正面から
見ると、オトガイ部の軟組織はやや緊張がみられ上下の唇が閉じにくそ
うです。 おそらく、上の前歯の先端部が下唇に当たっているため下唇
が突出した感じになると思われます。
 

o-pre-1.jpgo-pre-2.jpgo-pre-3.jpg
お口の中の写真 
まあ! 確かに凸凹ですね。
上下顎ともに前歯に叢生(凸凹)が目だちます。 上の前歯2本の捻転が
ひどく目だちます。 また、奥歯も個々には捻転(ローテーション)して
います。奥歯は大きな歯なので、捻転していると改善には意外と時間がか
かる場合があります。この程度のものはよくある症例で、比較的簡単で苦
労なく治るケースですね。


o-pre-5.jpgo-pre-6.jpg
診断
この症例の分類は叢生症例という分類です。 
顎の骨にくらべて、歯の成分(数と大きさ)が大きすぎます。

治療方針
上下顎左右側第一小臼歯4本を抜歯して、通常の矯正装置によって治療を
行いました。叢生の程度だけから判断すれば、非抜歯(歯を抜かない)に
よる方法も考えられます。ご希望に応じて対応できる範囲と考えます。

 
治療後
2年2ヶ月の動的治療を行いました。 
決して患者さんがサボったわけではありませんが、クラブ活動をしながらで
の治療なのでこの程度は普通と思われます。


f-post-1.jpgf-post-2.jpgf-post-3.jpg
お口元の写真 
下唇の突出は改善されたようです。 オトガイ部の軟組織は緊張がなくなり、
オトガイの自然なふくらみが得られています。 
非抜歯の治療を選択することもできる、と治療前の治療方針で書きましたが、
非抜歯ではこのお口元を達成することはできなかったかもしれません。


o-post-1.jpgo-post-2.jpgo-post-3.jpg
お口の中の写真
上下前歯の状態はたいへん良くなりましたね。 見た目にも、咬合機能から
みても完璧です。 特に上下の奥歯のかみ合わせは緊密になっています。  
歯の裏側に茶色く色素が沈着してきています。 ウーン。 タバコをすって
るのかなあ?

 
下の前歯の歯肉が退縮し、歯と歯に三角形の空隙が生じています。 元々、
下の前歯に叢生があったのですが、叢生を治療すると歯肉が退縮したように
見えてしまいます。 叢生で歯と歯は接近した状態では本来あるべき歯肉が
存在しません。 歯肉が”ない”のです。 
治療によって叢生が解消され、歯と歯の距離が本来のものになっても元々歯
肉がないので空隙が生じてしまいます。 成長期にあれば多少の回復は考え
られますが、この方には十分ではありませんでした。 できればあと数年以
前に取り組んでいれば・・・・。 可能であれば小学生のうちにできていれ
ばよかったと思います。 


o-post-5.jpgo-post-6.jpg
評価
全体のバランスからみれば欠点をおぎなって余りある治療結果が得られて
いるので良い治療ができたと思われます。
医療は個人差がありますので、結果は必ずしも同じになるわけではありま
せん。しかし、この程度の叢生(でこぼこ)症例は、ほとんどこの程度に
は治すことができます。







【治療例(叢生・でこぼこ)の最新記事】
posted by doc at 13:57| 治療例(叢生・でこぼこ)